読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

破壊こそ創造

バイオゴリラの猿言葉に影響受け過ぎなブログタイトル うつや社交不安障害持ちの野球好きが徒然なるままに色々ほざきます

TVとネットの報道とタイムラグ

山尾議員のスキャンダルやパナマ文書のこととか、Twitterでは「何で日本のテレビはこれを報じていないんだ」と様々な憶測がとんだ。
これはよくあることだと思う。
多分それはネットで報じられてからテレビなどで報じられるまでのタイムラグが有るからではないかと思う。逆にテレビで報じられてからネットのほうが後ってことも時折見る。
もう今ではパナマ文書も山尾議員のニュースも普通にテレビに出てるしね。
あと土日はどういうニュースにしても報道の動きが遅い印象(パリ同時多発テロの時もそんな感じだった。まあNHKくらいはもうちょっと報道量多くてよかったと思うが)
きっと報道関係も土日はお休みな人多いのです。それは良いことです。

報道におけるタブー - Wikipediaってのも色々あるけど、最近では公明党の動向を伝えるニュースで堂々と「公明党の支持母体である創価学会」って言ってることあるし、
タブーってのは所詮ただの自主規制・臭いものに蓋にすぎないのかなって感じ。
通名報道も然り。

まあパナマ文書に関しては日本のマスコミが文書の内容を翻訳していない(もしくはそんなスキルがない)、タックスヘイブン税制等の専門知識などの経済のつぶさな知識がないため内容を検証できていないという可能性もある。
アメリカのメディアの動きを見てると勿論企業が圧力をかけている・企業に配慮しているという可能性もあるが、ちらほら企業スポンサーが煩いテレビでも取り上げられてるし、日本政府もだんまりというわけにはいかなくなると思う。