破壊こそ創造

バイオゴリラの猿言葉に影響受け過ぎなブログタイトル うつや社交不安障害持ちの野球好きが徒然なるままに色々ほざきます

ガラスの花と壊す世界観てきた

ようやく愛媛でもガラスの花と壊す世界公開されたので初日の今日見に行ってきた。入場者特典のフィルムはデュアルちゃんが映ってた(可愛い)

www.instagram.com

画質悪くてスマソ

見終わった感想としては「ガラスの花と壊す世界」ってどストレートなタイトルだったなあって。いわば「トムとジェリー」みたいな。
60分くらいの映画としては短いものだけど、むしろそれが上手く作用して全く飽きることなく、むしろ次々と起こる展開を追いかけて頭のなかで整理していくの大変だった。
舞台である知識の箱(データの世界)に焦点が絞られていて、現実世界での歴史や人物相関は公式ホームページで軽く予習しておいたほうが理解しやすいと思う。
優しさと儚さが同居した作品だった。
間違いなく考察とかするのは楽しいと思う作品。
コミカライズなどのメディア展開も追いかけて行こうと思うくらいには好きになったし、これからが楽しみ。