破壊こそ創造

バイオゴリラの猿言葉に影響受け過ぎなブログタイトル うつや社交不安障害持ちの野球好きが徒然なるままに色々ほざきます

デイケアで嫌々ながら球技をしてみたらスポーツっていいなって思った

ここのところ毎週毎週、デイケアに行くのをサボっていた報いなのかと思いましたけどね、最初は。
精神科のデイケア、診察のある毎週月曜日に通っています。
月曜日のプログラムは「運動プログラム」でその日の気分によって、ウォーキングかストレッチに参加することになります。
時々変化球で、例えば今日なんかは近くの体育館を一部借りて、みんなでなにかスポーツをしたりなんかする時もあります。
今日がそれだったのですが、
最初はペアを作って下さい~とかそんなのがよぎったのですが、
結局やったことは6対6のネット無しバレーボールでした。

驚いたのだけど、体がすごく良く動いた。
普段は家にいる時も含め、ウォーキングかストレッチをするくらいで、球技なんて久しぶりにしたのだけど、そんなに体が衰えてなかった。
割と家の中に篭ってることが多かった気がするのだけれども。
多分それなりに自分なりに運動しておいたおかげかもしれないし、
うつの症状が前よりはましになってるのかもしれない。
(ウォーキングにしても時々6000歩以上歩く時あるけど、そういえば疲れが次の日に残ることは少なくなって言ってた気がする)

ちょっと最後はダレたけど、終わった時に妙な開放感と爽快感があった。
それがとても気持ちよくて久しく味わってなかった感覚だった。
なるほど、スポーツって良いものだって、普段から記事をはてブして、いかにスポーツは大事なものかって情報を拡散していたけど、
しっかり自分の体で体感するとそれをより強く、自分の中の知識を強化、
というかうまくいえない・・・
とても大事なことを「実地学習」したのだと思う。(こういう捉え方が屁理屈家っぽいかも