読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

破壊こそ創造

バイオゴリラの猿言葉に影響受け過ぎなブログタイトル うつや社交不安障害持ちの野球好きが徒然なるままに色々ほざきます

サンデーモーニング・スポーツご意見番・張本や関口の言葉は「また老害がなにか言ってるよ~(笑)」で済ませていいものではない

自分はしょっちゅう、サンデーモーニングのスポーツご意見番のコーナーを批判してる。張本や関口の発言が気に食わないからだ。
アスリートへのリスペクトもない、アスリートファーストのへったくれもない前時代的言説その他多数・・・。
と言っても大体の野球ファンはあんな老害の戯れ言、またなにか言ってるよくらいでスルーするのが当然という向きがあると思う。
では他のスポーツファン、あるいは特定のスポーツのファンじゃないライトな層に与える影響はどうか。

多分テレビの露出が一番多いプロ野球OBなのが張本であり、その彼が野球のみならず色々なスポーツを訳知り顔で語るわけである。
野球自体に悪感情を持つ人が出てくることが容易に想像できる。
自分が何年か前に観測していた範囲(2ちゃん、ヤフコメ、野球クラスタ以外のTwitter)ではそんな人は大勢いた。
現実にもあれに影響された人間、もとからそういうスポーツ観で御意見番によってそれをより強化している人間もをたくさん見てきた。

サンデーモーニングはとても視聴率が高い。
だからあんな戯れ言でも、あんなのに影響される方が悪いといえど、害悪と断ずるを得ないのである。

スターウォーズ上映前にONE PIECEからの応援メッセージが挿入され、非難を呼んでいる。本来矛先は配給側や日本の映画業界に向くべきだが、ONE PIECEにその矛先が多く向いている。
どう考えたってONE PIECEは悪くないが、ONE PIECEが悪く言われる。
これと同じ構造がスポーツご意見番にも言える。

ポイントは2つ
野球自体が悪く見られる、イメージダウンに繋がること。
張本や関口の間違ったスポーツ観が高視聴率の番組で垂れ流しにされ、
ただでさえ歪んでいる日本人のスポーツ観にさらに悪影響を与えること。

何度でも言うがあのコーナーは洒落や冗談で済ませていいものではない。