読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

破壊こそ創造

バイオゴリラの猿言葉に影響受け過ぎなブログタイトル うつや社交不安障害持ちの野球好きが徒然なるままに色々ほざきます

MLB移籍と挑戦

bylines.news.yahoo.co.jp

豊浦の記事だけど気になったので。
NPBにとってMLBに近づいてる、と考えた場合その立ち位置はいかなるものなのかが気になる。
単に野球のレベルや経済規模で言えばまだまだ向こうのほうが上だが、
確かに記事で指摘されてるようにNPBの一部選手から見れば、サラリーを度外視した「挑戦する場」というより「移籍先」の一つとしてのMLBとなってる。
田澤純一NPBを介さずMLBに行ったように、大谷翔平も同じ道を行こうとしたように、日本の野球界全体にとってMLBは挑戦する場だけでなく、単なる移籍先の一つとなってきてるかもしれない。

日本人トップ選手が目指すのはあくまでMLBというのもサラリーを下げたくない、マイナーは眼中にないという情況。
では中堅位置の選手にとってはどうなのだろうか。
もし選手会が言うようにFA権がもっと活用しやすいものになれば、そうした選手の渡米も増えるのだろうか。
実際に「え?この選手がMLBに?」ということは時折見かけられる。
ちょうど日本人が外国人選手を獲得するような感覚で移籍が活発になったりしないだろうかと妄想。

却ってそうなったほうが、NPBよりレベルの高い野球を色々日本が吸収できてNPBのレベルアップに繋がると思う。

まあ、要はもっとFA移籍活発になれよというのが本音なだけのエントリでした。