破壊こそ創造

バイオゴリラの猿言葉に影響受け過ぎなブログタイトル うつや社交不安障害持ちの野球好きが徒然なるままに色々ほざきます

酔ったチノちゃん

ご注文はうさぎですか?? 第7話「甘えん坊なあの子はシャボン玉のように儚く消える」
毎回毎回ポエットなタイトルですね。
この回はというと洋酒入りチョコを食べたチノちゃんが酔ってしまうシーンが注目されたと思います。
「ごめんね、お姉ちゃん・・・」(プルプル)
あ、やべモフモフしt罪罰罪罰罪罰罪罰罪罰罪罰罪罰罪罰罪罰◆このブログ主はケジメされました ごあんしんください◆
見境なくみんなにお姉ちゃん呼びしてじゃれてるチノちゃん、泥酔していたのかハイハイまで披露しています。原作ではしていませんが、
原作だと千夜が座っているのでそこから着想を得たのかもしれません>チノちゃんのハイハイ
お酒に酔うと欲望が開放されるわけですが、
本当はチノちゃんはみんなに甘えたいようですね。(かわいい
お母さんと早くに死別してることも影響してそうです。(かわいそう
そういえばこの回、ラビットハウスの制服はチノちゃんママがデザインしたというエピソードもありましたね。
死んだ母親を思い出して辛くなるかと思えば、あっけらかんと話をしていました。お母さんといい思い出を持ってて、
一方で母の死後父とうまくいってなかったみたいな話もあり、彼女の心も複雑なようです(中学生ですしね)
ここあやリゼたちとの出会いやメグ・マヤとの友達関係が心を解きほぐしてくれたのかもしれません。

話は代わり、未成年の飲酒描写は昨今厳しくなっていて、「間違ってお酒を飲んじゃった」という展開もアニメではNGになることも多く、ゴールデンタイムなんか未成年飲酒の嵐なので飲酒絡みの描写はバッサリでしたね。
その一方で炭酸で酔う、洋酒入りのお菓子で酔う、特定の飲み物(甘酒とか)で酔う(ごちうさだとカフェインで酔いますね)、とかいろいろ趣向が凝らされているというか。ゆるゆりだと洋酒入りチョコもNGというか別のギャグ描写になってましたが。
実際に炭酸で酔うのか。
これはノンアルコール飲料で酔った気分になれるので説明できる気がします。
大げさな酔った描写になるのはアニメだからってことで。

チノちゃんが酔うエピソードは原作では3巻に収録されています。