読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

破壊こそ創造

バイオゴリラの猿言葉に影響受け過ぎなブログタイトル うつや社交不安障害持ちの野球好きが徒然なるままに色々ほざきます

外国人技能実習制度がもとで日本は海外からフルボッコにされる予感

www.nhk.or.jp

新しい外国人実習生度として職場を空港、受け入れ相手をミャンマーとした試みが紹介されています。昨今浮き彫りになってきてる外国人実習生度の歪みを是正することになるのでしょうか。それとも・・・

www.asahi.com

13年度に労災事故にあった人の国籍はアジアに集中し、中国705、ベトナム156、インドネシア118、フィリピン86。

現在経済成長著しい国々から「技術を学びたい」意欲ある人間たちを集め、低賃金、劣悪な環境で働かせ、過労死、自殺、死亡事故が発生している実態がある。もちろんそんな実態に耐え切れず、疾走するものも跡を絶たない。
最低賃金で半分で働かせるメンタリティはいかなるものだろうか。
以前、NHK事業継承についての特集を見たが、後継者のマッチングの場での個人店舗の経営者の主張は「修行する立場の相手なのだから、サラリーマンとは違う。下積みの間は月5万円」

「修業だよと。それだけ耐えられる人でないと仕方ない。サラリーマンのように10万でも20万でも良いが、それでは商売を覚えない。それぐらいの厳しさはあって当たり前かなと思っていた」

 こんな発想の経営者が全国にわんさかいて、特に外国人技能実習制度を利用する土着の中小企業に多いのではないだろうかと思う。
地元に密着しているゆえに、大したことのない事業規模でも、地元で影響力を持ち、労基や政治の介入を小さくしている。

 

www.sankei.com


実際のところ、実習生たちは日本での権利や法についてわからないため、無理矢理に働かされるか、耐えられず死ぬか逃げるかするしか無い。
当然治安の悪化を招く。
こんな事件も起こっている。

江田島中国人研修生8人殺傷事件 - Wikipedia

2013年3月14日広島県江田島市カキ養殖加工会社で、中国人技能実習生により同工場の日本人経営者を含めた社員8人が殺傷された事件。事件の背景には、過疎化、高齢化が進む同島内で、カキ工場等での労働力の調達を外国人研修生に依存していたことがあると見られている。

 ちなみに当時のTwitterでは「やっぱり中国人は凶暴だ」などといった言説も見られた。たったの2年前だが、外国人技能実習制度の問題点への認識は低勝ったように思う。(今も低い)

こんな酷い目に合わされて、日本を嫌いになったりしないだろうか。
当然のように嫌いになる人は多い。

www.sankei.com

また、実習生の多くが「アンケートへの協力が受け入れ先に知られれば報復されかねない」と回答を断ってきたという。

 この調査で恐ろしいポイント。実際にはもっと多くの人が日本に悪感情を抱くことになったと思われる。
戦前の日本へ大志を抱いて勉学のためにわたって来た朝鮮や中国の人が、実際日本人がやたら人を殴る習慣があり、それで日本が嫌いになったというエピソードとも似てる。日本はあの頃から何も変わってないのか。

togetter.com

そもそも外国人技能実習制度は日本の技術を学んでもらうとして外国人を受け入れる制度である。それは日本が技術的、経済的に優位にあることが前提となる。いつまでこんなシステムを続けられると思っているのだろうか。

www.jiji.com

実際に海外ではこの問題を指摘する向きは年々強まっている。
本来なら地元の政治家や労基が力を振るうべきところだが、それは地元との対立を意味するので票田にならない、政治による解決は難しいように思う。(そもそもこの制度を悪いものと思ってない政治家が多そうだが)
ともすると外圧によって変わるしか無いのかもしれない。
しかしその時に海外から日本がどういう目で見られるか、どういう扱いを受けるかは自明である。
日本人らしく(笑)ケジメをつけるなら、日本人の手で解決して欲しい。