読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

破壊こそ創造

バイオゴリラの猿言葉に影響受け過ぎなブログタイトル うつや社交不安障害持ちの野球好きが徒然なるままに色々ほざきます

ニンジャスレイヤーとNARUTO

ニンジャスレイヤー2部以降がKindle化されないかなあとまだ様子見してる、1部までを読了&アニメイションを視聴したヘッズです。
ふと思ったんですけど、フジキド=サンとナルトって似てる気がする。
更に言うなら、フジキド&ナラクとナルト&九喇嘛(九尾)の関係性。

以下ニンジャスレイヤーネオサイタマ炎上篇、NARUTO本編のネタバレを多少含んでるかもしれないです。

ニンジャスレイヤーは時折ナラクの力を強引に使用して戦うことがあります。これは初期のナルトもよくやってて「チャクラを寄越せ化け狐」なんて、後々の展開知ってるとありえない暴言で強引に力を奪ったりしてます。
初期のニンジャスレイヤーは暴走していました。
ナルトも時折体の中の九尾が暴走し、尋常でない力を発揮します。

最終的にニンジャスレイヤーはナラクとともに戦い、
ナルトと九喇嘛も同じくともに戦うことを選びます。
フジキドもナルトも暴力の化身、憎しみの塊たる存在を受け入れることを選ぼました。

九喇嘛もナラクも本当は寂しかったのかもしれないと思うようになりました。
九喇嘛は人間たちに、ナラクも同じニンジャに迫害され、
それでもなお宿主に受け入れられて。

うずまきナルトとフジキド・ケンジ、大いなる暴力を持つものとして、マッポーの世の有り様を受け入れ、憎しみすら受け入れる。
大きくスタイルは違いますが案外、うずまきナルトとフジキド・ケンジは打ち解けることが出来るのかもしれません。