破壊こそ創造

バイオゴリラの猿言葉に影響受け過ぎなブログタイトル うつや社交不安障害持ちの野球好きが徒然なるままに色々ほざきます

とある野球記事を感情のまま罵倒~怒りのデス・ロード~

blogos.com

それにしても、ヤクルト山田の連続3本塁打にはしびれましたが、セ・リーグ弱すぎです。「人気のセ、実力のパ」といわれてきましたが、今では、「1部リーグと2部リーグ」ぐらいの差を感じてしまいます。

前から思ってるんだけど、テレビとかこういう記事でとにかくパ・リーグをあげてセリーグを下げる言い方もうちょい言い方考えてくれ。
その上で適切な指摘をしてくれ。この記事みたいな便所の紙にすらならない言説が多すぎる。ファン同士が煽りあってるのですら不愉快なのに。
それなりの著名人が特定チームを指して「あのチームは弱い、面白くない」って言ったのなら即座に炎上するのに不思議。
単に弱いという事実を指摘するのは構わない。
でもこの筆者には根本的にリスペクトが足りない。
そんな奴にスポーツを見る語る資格はない。

本来なら、地域に根ざした球団を増やし、球界を再編することが本筋でしょうが

 もうとっくの昔からやっとるわそんなこと。
そしてかなり成熟してる(完遂してるとは言ってない) 
むしろ国際化の時代にまだそれしかやってないほうが破滅の道だろ。
海外での試合配信とか国際試合に力を入れたりとか上手くいってるかは別にしてそういうこともしてるんだ。
地域密着も大事だが、もう今は地元以外の地域や国も含めた商機を伺ってる段階だ。
球団数は本当に増やして欲しいと思う。

例えば、2位、4位、6位を毎年入れ替えるのです。スワップ制度とでも言えばいいのでしょうか。

それをやるには1リーグにしないと無理だと思うんだが。
セ・パの足並みの揃わなさを知らないのか筆者は。
2リーグ制になったのも対立が原因だし。
ぜひセ・パは足並みを揃えて動画配信やデータサイト運営に力を(脱線

そうなると、もしかするとシーズンを通して、藤浪対大谷対決を見ることもできるかもしれないし、また山田対柳田のトリプル3対決に観客も湧きます。

 藤浪対大谷、山田対柳田 確かに盛り上がるポイントだけど、今のプロ野球は一部のスターが引っ張っていかねばならないほど軟弱じゃない。
テリー伊藤のスター待望論と変わらない。
ビジネスとしてのプロ野球の大きさも難しさも甘く見過ぎ。

それに、2年連続でCクラスになったら、罰金を課して、独立リーグの育成支援にでもつかえばとも思います。

 罰金って・・・それより”独立リーグ支援にでも"って罰ゲーム扱いかよ。めっちゃ腹立つよ。ふざけんな。

まあ、プロ野球は他のスポーツと違って、2部リーグとの入れ替えがないので、シーズン後半は、消化試合となって、緊張感がなくなっています。

 消化試合で緊張感なくなるって何時の時代だよ。
賛否あるけどCSの導入で明らかにその傾向は変わってる。
今年のパ・リーグですら最後まで3位争い激しかったし。
昔はペナント終盤はタイトル争いしか話題なかったし、プロスポーツとしての真剣味のない、敗退行為に近い引退興行ばかりだったぞ。タイトル争いのために汚い行為も。

最下位のチームは、独立リーグと入れ替戦でもすれば違ってくるのではないでしょうか。
すぐには勝てないほどの力の差はあるでしょうが、継続しているうちにきっと裾野のチームも育ってくるように思います。

 これなんかは面白いかもしれないって一瞬思ったけど、NPBとのレベル差を甘く見過ぎだと思う。イーグルスが参入した時プロ野球として成立させるために、どれだけの選手を他球団からかき集めたか、その結果の一年目はどうだったか考えれば。そうなると独立リーグの存在意義や趣旨にも反する部分が出てくる。

総論・根本的にスポーツへのリスペクトを感じない。
マーケティングのプロのくせに分析が甘いというか皆無。
色んな意味で馬鹿にしすぎ。

反省
書いてて思ったけど、野球のド素人の繰り言に対してムキになりすぎたと思って反省してる。
自分は素人やにわかは嫌いじゃない、必要だと思ってる。
本音はこんな記事を書いちゃうようなメンタリティなのよ。悪辣