破壊こそ創造

バイオゴリラの猿言葉に影響受け過ぎなブログタイトル うつや社交不安障害持ちの野球好きが徒然なるままに色々ほざきます

黒田が帰ってくるけど、美談だけにしてもいけない

パドレスドジャースは黒田に20億をも言われるオファーを出していたと言われる。
それにたいしてカープの提示は4億、これで広島に戻ってくれるのは男気、その他いろいろ感じざるをえないものがある。
カープMLBに比べてはるかに定額のオファーを出し続けたり、
カープファンが何年も黒田を自分たちのモノ扱いしてる様子が嫌いだと公言してきた自分でも、最初に黒田復帰の報を聞いた瞬間、全身から沸き上がるものがあった。
バリバリの成績を上げ続けているにも関わらず、15,6億円の年俸から4億になることで、所得税などの関係で来年の黒田の収支は億レベルの赤字、「貯金を取り崩して、自腹を切って日本に来てくれ」と言っているのも同然で、それでも黒田は帰ってきてくれるというのである。

ただこれをただ単に美談として受け止めるだけではダメだと思う。
広島ファンにとっては嫌な文章に感じられるかもしれないし、自分自身以下のエントリに偏りがないとは思わない、ひどい言い方をしてる部分もある、もしかしたら筆者はアンチ広島かもしれないが、それでも、こういう考え方もあるという受け止め方でいいので、今の黒田にただ熱狂してる方々にぜひ読んで欲しい。


筆者の言葉を借りれば、広島は黒田に4億の価値でしかないとみなしているのだという。そう入っても10億オーバーなんてとてもではないが広島に出せる額ではない。というより日本球界にとって無理な額である。このギャップはMLBは拡大を続けていき、NPBとの市場規模が4倍の開きを持ったことに起因する。MLBNPBの最高年俸を比較してみてもそれは如実に現れていると思う。選手平均年俸で言えばもっと開きがある。
このギャップを埋めていくことはNPBが魅力ある野球リーグとしてやっていくために手を付けるべき要素の一つだと思う(あくまで要素の一つ

以下の言葉は先程のブログの引用の引用である。
市場価格の1/4や1/5のオファーを出して、その差を「愛」「誠意」で埋めてもらおうと いう発想はブラックそのものであり、私にはとても許容できません。「愛社精神があれば残業代など請求できないはず」と考えるブラック企業や経営者もこうい う状況で決まって使うのです、「○○愛」という言葉を。

今回の黒田の決断にファンもチームも味を占めて、
今回の黒田がしたことと同じことを、例えば前田健太達に求めてはいけない。
だから広島ファンは色々な考え方を受け止めて、
黒田の決断を美談である側面だけを求めて熱狂して、
これを「当然」のように思わないように肝に銘じて、
同じことを他人に求めないで。
本当に例外中の例外だということを忘れないで。

そう考えたら、黒田が広島に帰ってくることを選んだのは本当に大変な、偉大な決断であったと尚の事感じ取れる。

 

 

 

 

 

偉そうに黒田の赤字がどうたら言ったけど、税金の計算に自信がないので、これを調べることを自分への宿題にしたいと思います。