読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

破壊こそ創造

バイオゴリラの猿言葉に影響受け過ぎなブログタイトル うつや社交不安障害持ちの野球好きが徒然なるままに色々ほざきます

ヘル朝鮮と日本社会

ニュース

japanese.yonhapnews.co.kr

前々から思ってたけど、韓国社会が抱える問題点は日本と似通ったところが多いと思う。最近では韓国の若者たちの間で「ヘル朝鮮」という言葉が使われている。

ヘル朝鮮 - Wikipedia

ヘル朝鮮(ヘルちょうせん、ヘルチョソン: 헬조선)とは、英語地獄を意味する「ヘル(Hell)」と朝鮮を組み合わせた造語[1]で、韓国の主に20-30歳代の若者たちが[2]、受験戦争の激化や失業者の増加、自殺率の高さなど、韓国社会の生きづらさを「地獄のような朝鮮[3]」と自嘲して表現したスラングである。

韓国の若者たちも就職や長時間労働、受験など様々な生きづらさを抱えている。犯罪者の実名報道など、韓国のほうが人権意識が高いのでは?と思う部分もあるが、大抵の差別意識は日本と似通っていて、生き辛さの要因にもなってると思う。
世界の言語の中でも日本語と近いレベルで「言わなくても伝わるでしょ」などと文脈や言い回しから類推する必要のある部分が多い言語を使っているので、日本と同じく「コミュニケーション」にまつわる軋轢も多い。
お年寄り世代の若者への圧力も強い(儒教の影響が強いことは有名だが、日本もそうではないだろうか)

BS1でアジアの学生政治運動団体が集まり対談するドキュメンタリーがあった。台湾のひまわり運動や香港の傘運動、そして日本のシールズ。そこには韓国の団体はいなかった。韓国の学生政治運動団体があの場にいなかったのは、韓国の若者の困窮をそのまま表していたのではないだろうか。
日本にしても生きづらさを抱える若者からは冷笑を持って評価されたシールズを『若者の代表』から排除してしまえば、韓国と同じく日本もあの場にいなかったのではと思う。

 

上記の著書が刊行されたのは2009年頃だが、実際のところ今はもっと酷くなってる。「韓国社会の異常さ」だけが目につくだろうか?
僕はあの国と日本は共通点が多いように思う。

最近気になったニュース

ニュース

mainichi.jp

wotopi.jp

つまり「女性→男性」だけでなく「男性→男性」「女性→女性」のパターンにも、法律的には強姦より軽い「強制わいせつ」までしか適用できませんでした。被害の重さに関わらず。その差を解消する改正です。

強姦
罪の要件について「男性器女性器間の暴行ではなく、身体侵襲行為とし、膣や肛門等への性器及び器具の挿入行為とすること」としています。WHOの強姦の基準(2002年)では「身体的暴力、又はその他の強制力を伴った、ペニスか、他の体の部位による、膣か肛門への挿入(程度を問わない)」と定義されています

強姦の要件が変わることでこれまで「被害者」と定義されなかった人たちにも法的救済の手が差し伸べられることになります。
同性同士で強姦が問われてこなかったこれまでというのは恐ろしい気がします。
女性→男性の強姦について「そんなのご褒美じゃないか」とか言われたりすることもあるようです。子供への暴行や性行為そのものに嫌悪感を持つ方もいるなど、社会の意識の変革も求められそうです。(古くは強姦された女性が警察に被害を訴えても「お初物をいただかれただけだから」「むしろめでたい」などと言われるケースもあったようです)
強姦や強制わいせつは被害を訴え出しにくかったり、
その後に心の傷のみならず、場合によっては性器の損傷、子供を産めない体になってしまうなどの恐ろしい結果ももたらします。
こうしたことへのケア、より司法を活用しやすくなる仕組みづくりを同時に進めることも求められるでしょう。

とまあ、最近気になったニュースをまとめたり意見を言ったりする場にもしていこうかなと思って久しぶりに更新しました。

強姦罪「加害者は男性、被害者は女性」という性差をなくすなどとした改正案の内容を踏まえた名称変更だ。
強姦罪の「加害者は男性、被害者は女性」という性差をなくすなどとした改正案の内容を踏まえた名称変更だ。

優勝したんやなあ

野球

今もなんだけど、本当に言葉が出ない

これが万感の思いってやつなのかな

優勝することの喜びはWBCで知ったけど、

ペナントレースは長いし、また違った緊張感があった

まだCSもあるけど、少し肩の力が抜けて安心した

ファンになってから16年

正直去年の惨状を見た時、もう潮時かなって思ってた

結局惰性でダラダラと今年も見始めたけど、まさか優勝するとは

「今年こそやってくれると信じてました!」なんてことは全く無かった

大野豊だったと思うけど

 ブラウン時代からこのチームは変わったと思ってたから、多くの広島OBが批判してたのにこの言葉は嬉しかった。

前田健太もインスタで喜んでた。彼がいなければ今日の広島はなかったし、

自分が抜けて弱くなったカープの姿見て責任を感じる展開もないし、

彼も優勝目指して頑張って欲しい

 

さあ、タイトル争いとセのCS争いとパの優勝争いがまだ残ってる。

野球はやっぱ面白いわ

デイケアに丸一日参加してきた

日記 メンタルヘルスや労働

精神科デイケアに毎週月曜日に診断に合わせて参加してるけど、
この前スタッフさんとの面談で、月に一日は丸一日参加してみようということになって、今週末から来週頭にかけては少し心配事があるし、先週体調が悪いながらも半日なら参加できるって分かったし、思い切って午後以降も参加した。

午前はいつもの様に運動プログラムに参加して、午後は毎週月曜日はフリータイムなので少し他の人と話をしたり、読書をして過ごした。
ほぼ毎日昼寝をするし、人にたくさん囲まれるとすぐに疲れて眠ってしまうのだけど、なんとか横にならずに過ごせた。
自分の場合、人に囲まれてる状況そのものが苦手なので、今日のことは大きな一歩だと思いたい。

精神科デイケアであるから、うつ病統合失調症アルコール依存症などなどいろんな人が集まってるので、人間関係がものすごく危ういバランスの上になりったっている感じはいつもしてたけど、丸一日参加してみてそれも見えた。
終わりのミーティングの時だけども、僕の隣りに座ってた人(見た感じ年下)が突然泣き出した、必至にこらえようとして笑いもこぼれてる歪な泣き方だった。そこに(おそらく統合失調症であろう)他の人が、自分が笑われたと勘違いして怒りだした。スタッフさんや周りも慣れてるのか対応がうまいのか、すぐに場は解消された。
また、帰りに最寄りに駅まで病院の車で送ってもらったのだが、アルコール依存症+なんらかの精神疾患をお持ちの方(いつもなんだか余計なことや変な言動が多いと思ってた)の下ネタトークがきつかった。

なんやかんやあるけど、まあなんとかやっていけるかな、という感じではある。凄く疲れたし、すぐに毎週ロング滞在とはいかないけど、ぼちぼちやっていきたい。焦りグセがあるから尚の事

生存バイアスと僕の座右の銘

考え事

www.jgnn.net

先日本家サイトの記事を引用する形で、昔の子供は健康で丈夫で病気をしなかったけれど、今の子供は貧弱なのが多い云々的な話が出てきた。で、読み進めてい くとあとはお決まりの「ガー」的なもの。さらに説明が色々と首を傾げるものだったので、読み直すとそれがいわゆる生存(者)バイアスだったという次第。死 んだ敵兵だけが良い敵兵だ、の逆みたいな。

僕の弟の一人が小児喘息が酷くて大昔なら発作などで死んでいたかもしれないし、兄弟みんななんらかのアレルギー症状を持ってるし、 自分自身生まれてすぐに敗血症で死にかけた↓参照

innovator00.hatenablog.com

昔なら僕ら三兄弟は全員が大人に成ることが出来なかったかもしれない。

昔はこんなことはなかった、昔の子供は丈夫だったという。
食物アレルギーをはじめとするアレルギーも、うつ病も昔はなかったかのように言う。それで死んでいった人たちのことは目にすら入らずに。
単に昔のほうが強いものが生き残って弱いものが死んでいく環境だっただけ。
今生きている人たちは好き勝手言う。
極端な話、生きていればいいことがあると語る年寄りの同年代で戦争やその後の飢餓でなくなっている人たちは大勢いる。戦争ほどの過酷な体験をして勿論死んでいった人たちのことを忘れているわけではないのだろうけれども、「でもあなたたちは今日まで”たまたま”生きてこられただけでしょう?」と言いたくなってしまう。(この数年で本当に性格が悪くなった。)

若いうちは買ってでも苦労をしておいて老後に遊べばいいという人にも同じことを思う。老後まで生きてられた人間にしか言えない生存バイアス。

今日今も自分が生きているのはたまたまだ。
誰だってそうだ。どこかのタイミングでひどい病気になっていたかもしれない、酷い虐めにあっていたかもしれない、自殺を考えたかもしれない、事故事件に巻き込まれていたかもしれない、そういう不幸を受けてきたかもしれないが、たまたま生きている。
そういうのをヒトは神に感謝したりするのかもしれない。

人生は素晴らしい、生きてるって素晴らしいって言う。
でも死んだ人間は何も言えない。
言い残せることすら無いこともある。
生きている人間ばかりが好き勝手いう。
死んだ後に多くの人間を苦しめる呪いの言葉もあるけれど。

まあ、結局、簡単に「人生いいことあるよ」とか「希望を持て」って言われることが嫌になっただけとも言える。

自分には座右の銘って無いなって思ってたけど、以下の二つはそれに当てはまるかなってこのエントリ書いてて思った。
メメント・モリ
ダモクレスの剣

熊本地震や自分なりの自然科学の捉え方とか

考え事

熊本で起こった地震は典型的な直下型地震で、そのエネルギーが他の断層にも影響を与えて複数震源が揺れ動き、余震の回数は同じマグニチュード阪神大震災(兵庫県南部地震)を大きく超えている。

最初の震度7の揺れが襲った地震が結果として「前震」となったわけだが、
メディアや知識人からなぜ「前震」「本震」を予測できなかったと批判が相次いだ。
まず科学的知識が間違っているというのもそうなのだが、
こういう指摘が危険なのは以下の様な馬鹿げた事件を起こしかねない理屈であるからだ。

www.nikkei.com

後にこの判決は覆ったらしいが。

wired.jp



気候変動などで地球がおかしくなっているなどと言い出す人はいるが、大抵データも示さず、自分が今まで生きてきた経験則に則ったことしか言わない。
つまりそういう人たちの中ではたかだか数十年生きてきた、その中で得られた情報=地球自然環境なのだ。
地球は46億歳である。
その中で大きく気候も変わり、多くの動植物の生活環も変わり、東日本大震災と同じかそれ以上の地震も起こっていたかもしれないし、現に九州ではもしも今起こったら1000万人以上が死亡するレベルの火山の噴火やそれに伴う気候変動も起こっている、氷河期だった時期もある。
自然科学を語る上での「知識」が欠如してるのが問題なのではない。
「科学はわからないこともある」「地球は46億歳」「人類は誕生して数百万年程度」「文献として残された歴史が数千年」「科学に使えるデータは分野によっては200年分もない」という前提が欠けていること。
メディアでも一般市民も「自然は雄大である」と簡単に言うが、
イタリアの事件・判決や熊本地震での言説を見る限り、
そのところを本当に理解している人は少ないと思う。

TVとネットの報道とタイムラグ

考え事

山尾議員のスキャンダルやパナマ文書のこととか、Twitterでは「何で日本のテレビはこれを報じていないんだ」と様々な憶測がとんだ。
これはよくあることだと思う。
多分それはネットで報じられてからテレビなどで報じられるまでのタイムラグが有るからではないかと思う。逆にテレビで報じられてからネットのほうが後ってことも時折見る。
もう今ではパナマ文書も山尾議員のニュースも普通にテレビに出てるしね。
あと土日はどういうニュースにしても報道の動きが遅い印象(パリ同時多発テロの時もそんな感じだった。まあNHKくらいはもうちょっと報道量多くてよかったと思うが)
きっと報道関係も土日はお休みな人多いのです。それは良いことです。

報道におけるタブー - Wikipediaってのも色々あるけど、最近では公明党の動向を伝えるニュースで堂々と「公明党の支持母体である創価学会」って言ってることあるし、
タブーってのは所詮ただの自主規制・臭いものに蓋にすぎないのかなって感じ。
通名報道も然り。

まあパナマ文書に関しては日本のマスコミが文書の内容を翻訳していない(もしくはそんなスキルがない)、タックスヘイブン税制等の専門知識などの経済のつぶさな知識がないため内容を検証できていないという可能性もある。
アメリカのメディアの動きを見てると勿論企業が圧力をかけている・企業に配慮しているという可能性もあるが、ちらほら企業スポンサーが煩いテレビでも取り上げられてるし、日本政府もだんまりというわけにはいかなくなると思う。